アーティスト


庭のほつれ
I’m waiting for the time, when that field is opened again.
三枝 愛 MIEDA Ai

庭のほつれ

2011年の東日本大震災以降、関東近郊の椎茸農家は深刻な原木不足に陥り、我が家でも手持ちの原木は3分の1にまで減少し、ビニールハウスはすかすかの状態が続いた。ほた木を支えてきた板は、ほた木の不在によって次々とたわみ、土に打ち付けた棒は根元から折れた。不要となった板はまとめて庭に放置されている。

2014年12月、私はその山の中からまだ形のあるものを拾い、蝋を塗り、ギャラリー内に展示した。

2015年6月、さらに長い2枚の板を大学へ運んだ。事故が起きたのは7月。保護するつもりで施した蝋の重みで、板はふたつに折れてしまった。折れずに残った片方の板には、何もすることが出来ないまま、卒業を迎えた。

2016年1月20日、わたしは庭へ、板を歩いて持ち帰った。ここから出るとき、帰ってきたとき、なにも状況は変わらなかった。でも考え続けなければいけない。なくした景色を本当の意味でなくすことのないように。今まで一度も見せてこなかった、このことの核となる存在、つまり椎茸の原木を、こんどは岐阜に持ち込んで眺めてみること。そこからもう一度はじめてみたい。



三枝 愛

1991年埼玉県生まれ。埼玉県,京都府拠点。
東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒、同大学院美術研究科絵画専攻修士課程在籍中。
2016/AAWs 山の砂の砂の山 vol.1‐2(個展)/sanka/東京
2016/アタミアートウィーク2016 流れ澱み沸き漂う/元スナックみゆき/静岡
2016/MORPH/元・立誠小学校/京都
2014年より、自身の生まれ育った環境とその変化を追うインスタレーションシリーズ「庭のほつれ」を展開。「庭のほつれ」を引き起こす問題の核となる存在を、白い箱に一時的にとどめ、今までとこれからを考える糸口を探します。誰もがその場に立ち会え、箱の外側に記される文章によって、庭の変化の様子を知ることができます。