アーティスト


モノについて
About an object
堀川 すなお HORIKAWA Sunao

モノについて

目の前にある もの その本来の姿を探るため、制作をしています。

ものの名前を聞いたとき、私たちは頭の中では容易にその形をイメージすることができます。その共通のイメージによって私たちはコミュニケーションを図っています。しかし実際に目の前にある もの と、そのイメージは同じかどうか。

「今まで知っていると思い込んでいたものは一体なんだったのか?」を自分の制作を通じて問いかけています。



堀川 すなお

1986年大阪府生まれ。大阪府拠点。
クーパーユニオン芸術大学留学、京都市立芸術大学美術研究科絵画専攻油画分野修了。平成27年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてニューヨーク滞在。
2012/VOCA展―新しい平面の作家たち2012/上野の森美術館/東京
2013/クリテリオム87 堀川すなお(個展)/水戸芸術館現代美術ギャラリー第9室/茨城
2015/群馬青年ビエンナーレ2015 奨励賞/群馬県立近代美術館
2015/解釈と行為 SEEING AND PRACTICING(個展)/大阪府立江之子島文化芸術想像センターRoom2/大阪
私の制作は、観察と分析により展開されており、全ては確固とした筋道があるように見えます。しかしそのようなひとつのものを観察する行為から、信頼性や共有のあり方への懐疑を展開します。