企画趣旨

このたび岐阜県では、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的に、革新的な企画公募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」します。
本展は、「4.8m(幅)×4.8m(奥行)×H3.6m(高さ)」を無限の小宇宙に見立て、この空間の中でなにものにもとらわれず、今回のテーマである「身体のゆくえ」を、自由に表現(制作・展示)していただこうとするものです。世代、ジャンルは問いません。作家、鑑賞者ともに、国際的な視野と今日の息吹を感じることができる3年に1度の公募展を目指します。
岐阜県は山紫水明の自然に恵まれ、豊かな森を源とする「清流」は県内をあまねく流れ、様々な恵みをもたらしました。全国の作家から多数ご応募いただき、この岐阜の地で生まれた小さな一滴が、やがて大河となり海へと注ぐように、全国そして世界へ発信し、この「清流の国ぎふ」の新たな魅力と活力の創造に繋げてまいります。

会場とキューブ

岐阜県美術館

岐阜県美術館は「美とふれあい、美と対話する」をテーマに昭和57(1982)年11月3日に開館しました。広々とした敷地は豊かな緑と立体造形作品とが調和して、訪れる人の憩いの空間となっています。

キューブ

4.8m(幅)×4.8m(奥行)×3.6m(高さ)の空間(直方体のキューブ)
(写真は現在岐阜県美術館に設置してある模型です。実際のキューブは壁面、天井があります)

スケジュール

開催までのスケジュール 開催までのスケジュール
応募受付
2016年4月11日[月] — 7月8日[金]必着
一次審査結果発表
2016年8月下旬
作品制作
2016年9月 — 2017年3月上旬
作品設置
2017年3月
二次審査結果発表
2017年4月上旬
作品展示・発表
2017年4月15日[土] — 6月11日[日] 予定・58日間(休館日含む)

プログラム

展示に加えて、交流、地域、教育に関わる、トークイベントやワークショップなどさまざまなプログラムも開催します。本展の意図を共有し、アーティストが地域や県民と交流しつつ教育普及に関わるキャリアを積み、展示の理解を助けるものです。

制作支援

  1. 入選者には制作費を入選賞金(50万円)として支給
  2. 作品制作・展示に関わる技術的な相談事への支援
  3. 出品者の作品制作・展示に関わる外部協力者(岐阜県内企業・団体など)の紹介等
  4. 岐阜県美術館での作品設置に関わるボランティア等の派遣
*2~4については支援内容が一部変更となる場合があります。

テクニカルアドバイザー

佐野 誠
美術展施工技術者/スーパー・ファクトリー代表
1955年・広島県生まれ。建設会社で約20年、トンネル工事現場などを担当。97年現代美術家・曽根裕氏への作品制作協力をきっかけに、98年スーパー・ファクトリーを創設。束芋、マシュー・バーニー、エルネスト・ネト、オラファー・エリアソンらさまざまなアーティストの作品制作、展示施工で協働。横浜トリエンナーレをはじめ、1千件を超える展覧会の施工を手掛けている。

作品応募

公募期間:2016年4月11日(月)〜7月8日(金)

第一回テーマ:「身体のゆくえ」
現代社会はコンピュータの発達・普及にともなって発展し、また複雑化してきました。社会を写す鏡である現代アートも、コンセプト、素材、表現方法などあらゆる要素について既存の枠を取り払い、複雑化、多様化の一途をたどっています。
アートはあらゆる可能性を追求すべきですが、その展開のあまりの速さ、広さに、発信者である人間が置き去りにされてしまっているのではないか、多様化そのものが目的化されているのではないかとさえ思われます。
私たちは、美術作品は人間の生の結晶であると考え、今一度、人間そのものである自らの「身体(肉体、精神)」に着目し、その中に何を発見し、何が生まれるのかを問い、現代社会全体をアートの視点で読み直してみたいと考えます。そこで生成される情熱や才能が、丈六のキューブという空間を通して発露される結晶体(作品)を、この「Art Award IN THE CUBE 2017」は大いに歓迎します。

応募に関するQ&A

運営組織

清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE 実行委員会
名誉会長
古田 肇
岐阜県 知事
顧問
矢島 正剛
岐阜県議会 議長
杉山 幹夫
岐阜県美術館協議会 会長
星野 鉃夫
岐阜県美術館協議会 委員
吉田 豊
清流の国ぎふ芸術祭運営委員会 委員長
会長
土屋 明之
岐阜県芸術文化会議 会長
副会長
桂川 淳
岐阜県環境生活部 部長
委員
上田 善弘
岐阜県立国際園芸アカデミー 学長
碓井 洋
岐阜新聞社 代表取締役社長
桑原 鑛司
Art Award IN THE CUBE 2017 企画委員会 委員長
重森 万紀
日本放送協会岐阜放送局 局長
高橋 秀治
岐阜県現代陶芸美術館 館長
竹花 孝則
中日新聞岐阜支社 支社長
竹本 義明
名古屋芸術大学 学長
田島 一男
岐阜県美術館後援会 副会長
土屋 嶢
株式会社大垣共立銀行 頭取
冨田 成輝
岐阜県市長会 会長
中川 満也
岐阜県町村会 会長
日比野 克彦
岐阜県美術館 館長
洞田 厚男
公益財団法人岐阜県教育文化財団 理事長
堀 俊郎
岐阜県立国際たくみアカデミー 校長
松川 禮子
岐阜県教育委員会 教育長
村瀬 幸雄
株式会社十六銀行 頭取
篠田 徹
岐阜県議会厚生環境委員会 委員長
吉田 茂樹
情報科学芸術大学院大学 学長
監事
三浦 孝雄
岐阜県出納管理課 課長
川地 由孝
公益財団法人岐阜県教育文化財団 経営管理課長


清流の国ぎふ芸術祭運営委員会
委員長
吉田 豊
岐阜県芸術文化会議 名誉顧問
委員
臼井 千里
書家、岐阜県世界青年友の会 常務理事 事務局長
角田 茉瑳子
児童文学作家
加藤 幸兵衛
陶芸家、(株)幸兵衛窯 代表取締役
神戸 峰男
名古屋芸術大学 名誉教授
桑原 鑛司
洋画家
宗宮 喜代子
岐阜聖徳学園大学 教授
土屋 明之
中部学院大学 教授
仲居 宏二
聖心女子大学 教授
日比野 克彦
岐阜県美術館 館長
廣瀨 輝
元 中日本高速道路(株) 取締役

Art Award IN THE CUBE 2017 企画委員会
委員長
桑原 鑛司
画家
副委員長
神戸 峰男
名古屋芸術大学 名誉教授
委員
青木 正弘
美術評論家
安藤 泰彦
情報科学芸術大学院大学 教授
衣笠 文彦
彫刻家
佐藤 昌宏
岐阜大学 教授
高橋 綾子
名古屋芸術大学 教授
日比野 克彦
岐阜県美術館 館長

テクニカルアドバイザー
佐野  誠
スーパー・ファクトリー 代表

プロジェクトマネージャー
福田 幹
メディア・デザイン研究所 代表

事務局
岐阜県環境生活部文化振興課