よくあるご質問

応募について

Q1.平面作品でも公募に参加することは可能か。

分野を問わず、テーマ「記憶のゆくえ」に沿った自由な表現でご応募ください。

Q2.未発表作品の範囲は、公募展での発表か。それとも個人の展示も含まれるのか。

公募・個展を問わず、これまで、新聞・雑誌・展覧会(応募のみのものも含む)・ウェブサイト等で公表されていないものになります。ただし、本事業における作品とは、キューブを使用した企画展示を指します。本事業では、「キューブ内での表現」を展示していただくものとなりますので、既発表作品を使って、展示を構成していただくことは可能です。(過去に4.8m(幅)×4.8m(奥行)×3.6m(高さ)程度の空間内で表現した作品は展示することはできません)

Q3.グループでの応募に参加した場合、それとは別に個人で応募することは可能であるか。

公募要項4ページ「(3)作品規定等」より、1名・1グループにつき1作品まで応募可能であり、これは個人で1企画、グループで1企画までとしてカウントするため、両方での応募が可能となります。

Q4.企画書1,2,3,4は何枚も送ってよいか。

企画書1,2,3,4は、各1枚までの提出でお願いいたします。

Q5.この企画書のそれぞれの壁面図には、照明の取り付け位置や平面作品の取り付けイメージなどを描けばよいか。この企画書の側面図は一つだが、左右が異なる展示にする場合は側面図を二つ記載すればよいか。開口部がある壁面に展示する場合は、その展示状況を図式化すればよいか。

企画書[3](三面図)には作品(キューブを使用した企画展示)がわかるように描いてください。照明の取り付け位置は、作品の重要な要素や特殊なアイデアの場合は示していただく必要がありますが、一般的な照明の場合は、入選後の協議において決定します。
側面図については左右が異なる展示の場合、それぞれの面を記載して下さい。
開口部の壁面への展示が重要な要素の場合は、図式化をお願いいたします。

Q6.企画書[2](作品画像)について、デザイナーに依頼しても良いか。

資料作成のみであれば構いませんが、デザイナーによるアイディアが盛り込まれる場合は、デザイナーを含むグループにてご応募ください。

Q7.企画書[2](作品画像)について、説明文を入れた提案も可能か。

可能です。ただし、審査の都合上、応募者が特定できるような文字等は入れないでください。

Q8.雅号での応募は可能か。

可能です。ただし、応募用紙には、本名もご記入ください。

Q9.任意提出資料として、映像・動画を送付したい場合、公式ウェブサイトとは別に郵送で送付する必要があるか。

映像を収録したメディア(DVD又はBD)を別途郵送により提出してください。なお、映像は5分以内、容量は500MB以内としてください。

Q10.応募方法に郵送とあるが、宅配便でもよいか。

日本郵便、宅配便のどちらでも構いません。

Q11.一次審査の時点で、作品が完成していなくても、イメージスケッチで応募してよいか。

一次審査は、企画書をもって行いますので、イメージスケッチでの応募も構いません。

Q34.任意提出資料の縮小模型(マケット)を提出予定です。 縮小模型の強度が弱いために郵送時に、破損するのではないかと懸念しております。そのため、私本人が搬入させていただくことが、可能ならば大変助かります。

マケットの持ち込み搬入は可能です。
搬入場所:岐阜市若宮町9-16 トーカイビル3F
清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 実行委員会事務局応募受付係(公募要項P7、7(4)B参照)
搬入時間:9:30~17:00 ※左記の時間以外は搬入できません。

Q35.キャンドル作品での応募を検討しております。 火を灯しての展示は可能でしょうか?

火を使った作品の展示は一切できません。

その他の質問は、質問フォームをご利用ください。

質問フォーム