よくあるご質問

展示について

Q21.展示会場でキューブはどのように配置されるのか。

キューブは個々が独立した状態で配置されます。なお、レイアウトは一次審査後となります。キューブの配置に特別配慮が必要な場合は、「企画書」にその旨を記入してください。

Q22.各面、天井面・側面・床面に貼り込みデザインの場合、組み立て前に貼り込み作業は可能か。

工程上、キューブの組立完了後の作品設置となりますので、原則、事前の貼り込みはできません。なお、展示に関わる協議は一次審査後に行います。

Q23.(屋内)床面に固定金具の使用は可能か。

(屋内)床面への施工はできません。出品者側で別途床材(コンパネなど)をご手配いただき、それに固定金具を使用する必要があります。床材の敷設については、美術館の床面損傷の無いよう養生をしていただく必要があります。

Q24.(屋内)キューブの開口部に垂れ幕を設置することは可能か。

(屋内)防炎素材を使用するなど、消防法に抵触しない施工方法であれば可能です。

Q25.キューブ内で音楽を流すことは可能か。

可能です。ただし、隣接するキューブと、相互に影響を受ける場合は、音量調整など、展示の際に主催者、他の出品者と協議を行う場合があります。

Q26.水を使用した作品は応募可能か。

岐阜県美術館、岐阜県図書館の構造や施設に影響を与えると判断される場合は不可能となります。防水方法、水の補充、交換といったメンテナンス計画を企画書に記入してください。

Q27.展示時間は、岐阜県美術館の開館時間と同じか。

展示時間は、岐阜県図書館庭園に展示した作品を含め、すべて岐阜県美術館の開館時間に準じます。

Q28.展示設営期間は、何日くらいあるのか。

1週間から10日を目安としてください。なお、展示に係る主催者との協議は一次審査後に行います。

Q29.展示期間中、作品メンテナンスは可能か。

可能です。メンテナンスの日時は、主催者と協議してください。

Q30.パフォーマンスの場合、常時発表することが出来ないが大丈夫か。

(当初)パフォーマンスなど、常時展示を行うことが困難な場合は、展示期間中に複数回のパフォーマンスを行ってください。また、それ以外の期間は、作品内容を説明できるものを設置してください。
(変更後)会期中どのような形でパフォーマンスを行うのか、具体的な時間、回数、パフォーマンスを行っていない時間帯のキューブ内の展示状況を詳しく企画書に記入してください。

Q32.屋外フレームの地面は長尺シート張りとありますが、中心部のシートを少し剥がし樹木を植える事は可能でしょうか。またその樹木の枝が、高さ3.8mの天井枠から出てしまう様なプランは、制限違反になりますか?

屋外キューブの設置場所は、石畳の上のため、石畳を掘削し樹木を植えることはできません。
ただし、土台(床)に穴を空けて、石畳の上に樹木を置くことは可能です。
その場合には、出品者自らが養生を行い、期間中に腐食や根付が発生しないよう処理いただく必要があります。
展示に係る主催者との協議は一次審査後に行いますので、応募の時点では自由な発想でご提案ください。

Q33.屋外の基本キューブ自体を垂直方向に90度回転させた形状(高さが4.6mで、幅、奥行のいずれか一辺が4.8m、もう一辺が3.6m)に変更は可能か?

基本キューブの寸法(4.8m[幅]×4.8m[奥行]×3.6m[高さ])を変更することはできません。

Q35.キャンドル作品での応募を検討しております。 火を灯しての展示は可能でしょうか?

火を使った作品の展示は一切できません。

Q36.Q33. について。 寸法を変えるわけではありません。 高さ:4.8m となります。

基本キューブの高さ3.6mを変更することはできません。

Q37.キューブ内での(ダンス)パフォーマンス作品を考えております。 約1時間ほどのパフォーマンスを行う予定ですが、パフォーマンスの時のみ動物や生き物をキューブ内で演者として扱うことは可能でしょうか? パフォーマンスのない展示のみの時は動物、生き物は一切いれません。

屋内の場合:岐阜県美術館建物内に動物(生き物)を持ち込むことはできません。
屋外の場合:可能です。ただし、来場者の安全確保、動物(生き物)がキューブ外に出ることのないよう措置を講じてください。

Q41.フリーのワイファイはありますか?または繋がる環境がありますでしょうか? お知らせください。よろしくお願いいたします。

岐阜県美術館は、現在リニューアル工事中です。この工事に伴い、美術館内には、フリーWi-Fiを設置する予定です。
美術館庭園及び図書館庭園は、作品の位置や状況によって、Wi-Fiが届かない可能性があります。

Q43.お世話になります。作品の材質について質問があります。「有機物」に関し「支障のあるものは展示できません」とありますが、当方では切り絵作品の材料として「樹木の葉」の利用を計画しております。具体的にはユーカリを使用し、カビや虫などの付着の無いものを選んで制作に使い、額装により密閉して展示する予定でおりますが、支障があるかどうか教えていただけないでしょうか?ご懸念がある場合には、防虫剤などを額内に封入するなどの対策をとることも可能です。そもそも、ユーカリは防腐・抗菌効果のある油分を葉に多く含んでおり、できれば自然の状態を保ちたいので薬剤の使用は避けたいのですが、支障があると考えられる場合には十分な対策を施したいと思っております。お手数をお掛けしますが、どうかご回答くださいますよう、お願い申し上げます。

美術館の建物内への虫害及び黴害を受けた素材の持ち込みはできません。薬剤の使用は避けてください。展示に係る主催者との協議は一次審査後に行いますので、応募の時点では自由な発想でご提案ください。

Q45.CUBE内照明:照明は自己負担で、とありますが、基本的に、出入り口からの光以外無い、という前提ですか?他の照明は全て自己負担で行う、と言う事ででしょうか?

キューブ内照明器具等は出品者負担となります。その他は会場に設置されている照明のみとなります。キューブの外は、会場照明です。

Q48.屋外の各CUBEにも、電源は設営されるのでしょうか。 また、美術館庭園、図書館庭園は、美術館または図書館閉館時間後は閉鎖されるのでしょうか。それとも庭園は人の通り抜けが可能でしょうか。

屋外キューブにも電源は設置します。美術館、図書館閉館後は各庭園は閉鎖されます。閉館後の通り抜けはできません。

Q50.作品の裏方となるメカニカルな部分を、キューブ外側に設置することは可能ですか? (具体的には、ベルトコンベアを外壁部分に設置したいと考えています。)

企画書[4] キューブ外面への演出書類にて、その有無をご記載下さい。設置される物のサイズや接触安全面などの観点で、著しく外部への影響を及ぼす物は設置はできません。

その他の質問は、質問フォームをご利用ください。

質問フォーム